山中漆器

株式会社 想贈

モダンな感性と工夫に富んだ
普段使いにしたい山中漆器

木の器は陶磁器やガラスに比べて熱伝導率が低いことから、
熱いものを入れても手に優しく、中の料理は冷めにくい。
さらに、軽くて割れにくいため長く使えるメリットもある。
この木の器に菌の抑制作用のあるうるしを塗布した漆器は、
衛生面にも優れた先人の叡智の結晶と言えます。
ご紹介する〈株式会社 想贈〉は、
日々、普段使いのできる漆の器を中心に製造・卸しを手掛ける山中漆器の専門店。
2‌0‌1‌6年創業のまだまだ若い企業だが、
漆器製造業としての歴史は数十年を数え、
熟練の木地師と漆職人の丁寧な仕事に定評があります。

近代漆器と呼ばれる樹脂製漆器を扱っていた経緯から、
一部ウレタン塗装の漆器のご用意もあるので、
本格的な漆の前にまずは気軽に漆器を愉しんでみたい…という第一歩にいかがでしょうか。
安土桃山時代に始まった、山中漆器。
同社が世に送り出す器たちは、湯煙たなびく山中温泉のうるしの里からの、
あたたかくやさしい想いが詰まった贈り物です。

下記よりご購入いただけます。

熟練の木地師と漆職人の丁寧な仕事が光る「山中漆器」。
何気ない毎日の暮らしを大切にする方にぜひ手に取っていただきたい、普段使いの逸品です。

ページトップへ