トキノワ

暮らしという“時”の中で、話を生み、和をなし、輪をえがく…
バウムクーヘンから素敵なことが繋がってゆきますようにと願いを込めて。

JRと近鉄の乗り入れる津駅から三重県総合博物館に向かって
約1·3卍の所にある、近代的でスタイリッシュな外観をした建物が
バウムクーヘン専門店の〈トキノワ〉です。
オーナーの箕田庸男氏は、津市内で100年以上4代にわたり菓子屋を営む家に生まれ、
長きにわたり真摯にお菓子に向き合う姿勢を受け継ぎ、自身も菓子づくりの道へ。
横浜の人気パティスリーで修業を重ねた後に三重へと戻りました。
様々な洋菓子をつくる中で一番力を注いでいたバウムクーヘンでは
全国菓子大博覧会での受賞経験もあったことから、
バウムクーヘンの魅力を更に広めるために同店をオープンしました。

バウムクーヘンの素材となる小麦粉は、口溶けのよい三重県産「あやひかり」を使用しています。
卵は三重県安心食材認定農場の「鳥鹿養鶏園」で生産される、津市のブランド卵「パイエッグ」、
バターと生クリームは北海道産、
さらに砂糖にはさっぱりした甘さとまろやかなコクがある北海道産のてんさい糖を。
他にも、ドイツのマジパンやカリブ海の島で醸造する最高級ラムや、
伊勢抹茶、フランス産高級チョコレートを使用するなど、一切妥協を致しません。
彩・形・食感と五感で愉しめる他にない〈トキノワ〉のバウムクーヘン。
〈トキノワ〉は、あなたとあなたの大切な人に、豊かな時が広がるバウムクーヘンをつくり続けます。

下記よりご購入いただけます。

素材へのこだわりと職人の技が織り成す、ふんわりとなめらかな口あたり。
上質なのに親しみやすい、〈トキノワ〉のバウムクーヘン。

ページトップへ